オリーブオイルの一般的な賞味期限はどのくらい?

オリーブオイルの一般的な賞味期限

オリーブジュースカプセル 賞味期限

 

オリーブオイルの賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

 

オリーブオイルはそのまま飲むこともできる植物性のオイルであり、抗酸化作用の高いオレイン酸やビタミンE・ポリフェノールなどを豊富に含んでいることから健康面や美容面にも効果が高いと言う事で人気を集めています。

そんなオリーブオイルの特徴は抗酸化作用を含んでいる成分が豊富であると言う事から酸化しにくくなっていると言うところであり、それによって長期間保存する事が出来るというメリットがあります。

 

ですので賞味期限に関して気にせずに使っているという人も少なくないのですが、実際の賞味期限としてはどの程度なのかと言う事を知っている人は多くないようです。

 

 

市販されているオリーブオイルの賞味期限は基本的に1年とされており、表記されているもののほとんども1年の期間となっています。

 

 

ただし保存状態がよければ賞味期限を過ぎていたとしても問題なく使用することができるようになっていて、味も酸化することなく使うことができます。

 

ポイントとしては直射日光を避けることと高温多湿を避けることであり、特に直射日光を避けて保管しておく事は重要なポイントになっています。

 

 

そのため基本的には冷暗所に保管しておく事で長期間使用することが出来るのですが、だからと言って冷蔵庫に保管してしまうと低温状態によってオリーブオイルの成分が白く沈殿してしまったり香りがなくなってしまうなどのデメリットもあるので注意が必要です。

 

このようなことから基本的に賞味期限は1年間と決まっていますが、冷暗所に正しく保管する事ができていれば1年を過ぎても変わらない味を楽しめるようになっています。

 

ただし使用で切る期間はあくまでも1年間を目安にしておくことがおすすめされていますし、使用する時にオリーブオイルの香りとは違った嫌な臭いがしたりオリーブオイルの沈殿物である白い塊がたくさんあるという場合は賞味期限である1年以内であっても使用しないようにすることがおすすめされています。